2017年01月18日

過路戀人

當網路成為女孩和男孩的月下老人,當電線成為牽動情感的紅線的時候,女孩和男孩無法確定當初的自己是否迷戀上了網路,只記得時刻有個牽掛心底的人,在陌生的另一端。
後來事實證明,男孩和女孩都沒有成為網路的奴隸,他們只是很理性的約定某個時間看看彼此,因為距離的阻擋、工作的隔離、思念的煎熬讓彼此的心息息相戀。
正如所有的愛情 故事一樣,男孩和女孩從陌生到瞭解……直到談婚論嫁。彼此絕對都是真誠、坦白的,因為彼此的家人都做過相對的瞭解……只是不知道為什麼,男孩和女孩都覺得彼此好像總有些說不清楚的隔離,好像面對面站著的時候,依然看不清對方的模樣。這種感覺讓男孩和女孩都覺得不知所措,但彼此從未坦誠相告過,這也是唯一埋在彼此心底的秘密吧。
男孩年輕陽剛、帥氣有才,及其有上進心,這是當女孩逐漸對男孩瞭解之後唯一的感覺,也是女孩曾因為男孩動心的理由。女孩覺得男孩很多時候,像工作的奴隸,除了工作,男孩的生活別無其他。但男孩常對女孩說,女孩應該理解他,他這麼辛苦的付出,不就是為了女孩和男孩的未來麼?不久的將來,男孩堅信他一定會有所回報的。
女孩普通善良、古典樂觀,做事有原則,男孩常笑話女孩的幼稚,還說女孩連話都不會說。女孩記得男孩曾問過女孩,難道你要我一輩子都教你如何說話麼?女孩當時不知道該怎麼回答男孩。只是默默的將他們的所有都記錄下來,不時的打開看看,女孩想有一天當她將這些記錄給男孩看的時候,男孩會感動麼?   


Posted by aatrox at 12:42Comments(0)

2016年12月15日

回憶那曾經的愛情

世界上最遙遠的距離不是生與死,而是我站在你面前,你卻不知道我愛你;
世界上最遙遠的距離不是我在站在你面前,你不知道我愛收細毛孔你,而是明明相愛卻不能在一起;
世界上最遙遠的距離不是明明相愛卻不能在一起,而是明明無法抵擋這種思念,卻還得故意裝作絲毫沒有把你放在心上。

人生總會有物是人非的感慨和無奈,而最令人心碎的莫過於錯過愛情。

對於自己的愛情,很早就幻想是那樣的浪漫和美好,幻想自己最初的愛情也將是最終幸福的結局,所以一直期盼我生命中白雪公主的出現。終於老天恩賜於我,讓我找到夢寐以求的她,可老天卻是那樣的弄人,讓我的愛情之花在還沒有綻放的同時就已凋零。

很偶然或者說是必然的黑斑機會認識了她。一見鍾情,不可救藥的愛上了她,卻為自己埋下深深的痛。如果僅僅是那樣的簡單,也許我可以快樂的死掉,可愛情卻給我開了一個苦不堪言的玩笑。起初的相識,就像是哥們般,行影相隨,談古論今,卻不談愛情。

當我向她傾吐愛慕之情時,她卻沒有給我任何答案,留給我的卻是三個月的漫長等待。三個月也許不算太長,但對於一個深陷愛情的我來說,就像是三個世紀。在分分秒秒的等待中,我度過了屬於我,也屬於她的日子,依舊是像往日那樣,談理想,談喜好,卻吱口不談愛情。

當所有的希望都化為灰燼;所有的思念,都隨風而去,陪伴我的只有Pretty Renew 黑店風雨,沒有陽光;只有夏的憂鬱,卻沒有夜的恬靜。一個人,一杯酒,一支煙,一段苦味的音樂,獨自度過許多個寂寞的黃昏。漸漸地習慣了我行我素的生活,不需要別的安慰,更不需要別人的愛。可不知為什麼,我變的那樣的不寧,那樣易於懷想。每一次與她相遇都令我窒息,只有黑夜,我才能勉強她成為我溫柔的夢鄉。  


Posted by aatrox at 12:34Comments(0)

2016年11月15日

珍惜當前,永遠勝於三心二意

深夜,寺裏一女人一和尚,和尚坐女人站。

女人:聖明的大師,我是一個已婚之人,我現在狂熱地愛上了另一爽膚水個男人,我一天不見他都很難受!我真的不知道該怎麼辦。

和尚:你能確定你現在愛上的這個男人就是你生命裏唯一的最後一個男人嗎?

女人:是的。我有很多年沒有動心了!遇上的這一刻,我不想錯過!

和尚:你離婚,然後嫁他。

女人:可是我現在的愛人勤奮,善良,有責任,我這樣做是否有一點殘忍,有一點不道德。

和尚:在婚姻中沒有愛才是殘忍和不道德的,你現在愛上了別人已不愛他了,你這樣做是正確的。

女人:可是我愛人很愛我,真的很愛我。

和尚:那他就是幸福的。

女人:我要與他離婚後另嫁他人,他應該是很痛苦的又怎麼會安利傳銷是幸福的呢?

和尚:在婚姻裏他還擁有他對你的愛,而你在婚姻中已失去對他的愛,因為你愛上了別人,正謂擁有的就是幸福的,失去的才是痛苦的,所以痛苦的人是你。

女人:可是我要和他離婚後另嫁他人,應該是他失去了我,他應該才是痛苦的。

和尚:你錯了,你只是他婚姻中真愛的一個具體,當你這個具體不安利存在的時候,他的真愛會延續到另一個具體,因為他在婚姻中的真愛從沒有失去過。所以他才是幸福的而你才是痛苦的。

女人:他說過今生只愛我一個,他不會愛上別人的。  


Posted by aatrox at 12:38Comments(0)

2016年04月25日

暑さに弱い生き物

地球温暖化が進んでいるなと感じました。
それを裏付ける資料なんてワタシは一切もっていません。
ただ外を歩いているときに、ひしひしと感點擊付費
じたのです。
どこまでも続いているような青い空、
もっこりもこもこ白い雲、
そしてすべてを光で包み込もうとする太陽・・・。
太陽さん、ちょっといいですか。


太陽「はい?」

世界を照らしてくれるのはいいんですがね。ちょっとイキりすぎじゃないですか。

太陽「え?僕がイキり?」

そうですよ。イキりすぎですよ。なんですか今日の気温は。
焼くんですか?焼きつくそうとしてるんですか?

太陽「そんなこといわれてもねぇ・・・。」

あなたがギンギン照りつけるから、こっちは迷惑しとるんですよ。

太陽「はぁ。いや、でも調節効かないんですよね。」

あなた自身のことでしょうがっ。自己管理もちゃんとできないんですかっ。

太陽「そ、そんな怒らないでくださいよ。こっちだって仕事なんですから。」

仕事だったら、なおさらちゃんとしなくちゃダメでしょうが。

太陽「だからちゃんとやってるじゃないですか。」

だからうまいこと調節するのもあなたの仕事の一つでしょうが。

太陽「いいや、僕の仕事は照らすことだけです。」

何いってんだか。ダメだ、この太陽。応用きかないな。

太陽「ダメとはなんですか。僕がいなかったら、あ迪士尼美語 世界なただって困るくせに。」

困らないね。

太陽「いや、困るって。」

困らないね。

太陽「言うねぇ。じゃあいったん照らすのやめてみようか?」

おお、やってみろや。この丸顔。

太陽「本当に照らすのやめるよ?それでもいいの?」

いいから勝手にやめろや。お前なんてリストラクチャリングじゃ。

太陽「では失礼・・・。」

・・・寒っ。

太陽「え?今なんて?」

いや、別に。

太陽「なんか寒いって聞こえたような気がするんだけどなー。」

アホか、誰が寒いねん。俺はTRFのサムを呼んでたんじゃ。

太陽「うわぁ・・・寒いねぇ。(テツヤ・レイブ・ファクトリーが)」

寒くないって。
ペンギンですら極寒の地で生きて寰宇家庭
るのに、
この俺が生きられないはずないわ。

太陽「ほほぉ。そらすごいね。」

ごめん。ウソ。やっぱり照らして。

太陽「変わり身はやいね。」

寒い。寒い。死ぬっ。お願い、仕事に戻ってっ。どんどん照らしてっ。

太陽「今まで通り照らしてもいい?」

いい。いい。いいからはやくしてっ。寒いっ。

太陽「では・・・。」

おお・・・。やっぱり太陽が照らしててくれたほうがええわ・・・。

太陽「でしょ?でしょ?」

・・・というか、ちょっと強く照りつけすぎちゃう?

太陽「いや・・・君が照りつけてくれっていうから・・・。」

お前何イキってんねん。程度ってもんがあるやろが。
暑すぎるんじゃ、吹き消すぞボケがっ。

太陽「こいつ・・・。」


本当に暑い。
こんな暑いのに、ランニングとかよくやりますなぁ。
テニス部がかけ声満点で練習してました。
公園ではピクニックしてる人がいました。
すごい。すごいよ、アンタら。すごすぎるよ。乾杯だ。
よくこんな気候で、がんばろうとか楽しもうとか思えますな。
ワタシという動物は、この気候のもとでは歩行運動が精一杯です。
歩くだけで汗が噴出し、体力がぐんぐんと奪われていきます。
夏はなるべく外に出ないようにしたいものです。
太陽の下に1時間ほどいるだけで、死ねる自信があります。
そんな虚弱なワタシは、家でクーラーつけてダラッダラです。
クーラーダラッダラ(クーダラ)だけで、夏はいつも終わります。
それにしても暑い。誰か何とかしてくれないだろうか。
暑けりゃ冷ませばいい(フーフー)
あたしゃほんとナーイス!バディ!バディ!バディ!
どす黒い♪未来に♪就職希望だーわーーー!ウォウ!ウォウ!ウォウ!
・・・これも暑さのせいでしょう。



  


Posted by aatrox at 15:31Comments(0)